転職時期はいつがオススメ?内定獲得に向けた転職活動方法

求人広告全体の年間求人推移

※全国求人情報協会『求人広告掲載件数等集計結果』より参照

全国求人情報協会は求人メディア(求人サイト・折込チラシ・フリーペーパー・)の求人データをとりまとめている協会。ここ2年の求人メディアの推移を見てみると、求人の増加タイミングは2・10月となりオススメの時期。

2月

2月の求人増加背景は、4月の新卒人員不足により中途募集に舵を切る企業の増加と、4月の新年度に向け新体制の作成によるもの。その為、未経験・経験者共に募集が増えるタイミング。一方で転職者も増加するタイミングなので、しっかっりと事前準備をして転職活動に望む必要がある。

10月

10月は半期の変わり目のタイミング。上半期の事業状況を見て、人材補強する企業が増える為。また、求人広告を販売している販売元企業(リクルート、マイナビ、パーソルキャリア、エン・ジャパン、キャリアデザインセンター)も9月に決算・半期決算を迎える為、それに合わせて9月に決算キャンペーンがリリースされる。広告料金が大幅にディスカウントされる為、各社の売上がグンっと伸び10月に多く求人が出稿される。

穴場タイミングは5、8、12、1月

5月はGW、8月はお盆、12月はクリスマス・年末、1月は年始と、長期休暇が続くタイミングが求人応募のオススメ時期。このタイミングは、広告の応募が通常時期と比べると半減します。しかし、以外と人事は出勤している事が多い為、求職者とじっくりと向き合ってくれるタイミング。

内定獲得に向けた転職活動方法

転職活動は活動開始から次の職場の仕事をスタートさせるまでは、4ヶ月を最低でも見ておきましょう。余裕がある人は早めの時期からリサーチしライバルに差をつけましょう。

【1ヶ月目】自己分析と転職サイト、人材紹介のリサーチと登録

ネットでのリサーチや転職活動を成功させた身近な人に話を聞くなどし、何故転職をするのか?転職をして何を変えたいのか?どんな業界に興味があるのか?その業界の現状は?(ニュース等から情報収集)自分はそこで何をしたいのか?どんなスキルを取得したいのか?プライベートと今後のキャリアプランを照らし合わせた上で自己分析をし、これを機会に自分の今後の人生をじっくりと考えてみましょう。その後、転職サイト、人材紹介会社のリサーチ・登録し、転職準備を進めましょう。

【2ヶ月目】企業へ応募、面接

2ヶ月目はいよいよ企業へ応募。事前に企業分析や面接対策をしっかりと行った上で企業へ応募しましょう。また、中途面接が初めての方や面接が苦手な人は人材紹介会社を積極的に利用しましょう。企業の事を隅々まで把握しているキャリアアドバイザーが過去の転職者の傾向を見ながら各企業の面接アドバイスをしてくれます。他にも面接に役立つセミナーも積極的に開催されています。

【3ヶ月目】内定獲得、退職

3ヶ月目に内定獲得、そして今勤めている企業に退職の旨を伝える(引き継ぎ等もあるので退職希望日から逆算して1ヶ月前には伝えるのがベスト)。そして、4ヶ月目に新しい企業へ入社となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です