求人広告営業マンが教える!マイナビ転職の賢い利用方法

こんにちわ求人広告営業出身者のプクコです!

無数にある転職サイトの中でも、現在最も掲載件数が多いマイナビ転職。

ここ5年近く転職フェアも頻繁に開催されている為、交通広告をよく見かけるようになりましたね。

利用してみようと思うけど、リクナビと何が違うの?名前似ているし…。

私は数年前まで求人広告(マイナビ含め他多数…)を勤めており主要どころの転職サイトは7年近く毎日眺める日々。そして、転職サイトをガンガン経営者・人事の方に販売し、掲載後は企業人事さんと一緒に運用していました。

そんな運用をする日々に感じた上手なマイナビ転職の活用術をまとめてみました。

マイナビ転職の使える機能

検索時に詳細設定が可能

マイナビのTOPの検索項目は超シンプルで【職種】×【勤務地】から検索ができる。
選択項目が少なく調べやすいのだが、【営業】×【東京】などの有効求人倍率が高い項目を設定し検索してしまうと、膨大な求人が出てきてしまう。

そこで、注目してほしいのがTOPページの中段あたりにある【職種から探す】項目!

その右端にある【もっと詳しい条件で求人を探す】項目から、かなり詳細に自分の希望を設定できるのだ。

設定条件では、下記が検索できる。

・雇用形態(正社員、契約社員、業務委託、人材バンク登録、パート・アルバイト、一般派遣…)
・更新(新着、※更新、締切間近)
・こだわり(職種未経験OK,業種未経験OK、上場企業、マネージャー採用)
・初年度年収

プクコ

※更新…掲載中に人事がマイナビの求人広告の書き換えが出来るの!新しい情報を書き加えている企業の事だよー

他にも、下記みたいな項目も検索可能!

・従業員数
・設立
・特徴

特に、特徴は使える項目が盛りだくさん!

年齢が40歳以上でマイナビはWeb書類で落とされてばかり…

そんな時は【社会人経験20年以上歓迎】項目を検索!40歳以上の応募も大歓迎の求人が検索可能!

プクコ

マイナビは未経験者募集が多いのが特徴で販売されている転職サイトだから、20・30代をターゲットとしている企業が多いのよね…。やみくもに応募しまくるとお祈りメールばかりで心が折れちゃうから年齢でスクリーニングをかけられない企業を見極めるもの大切!

以前の職場は残業時間が多かったので、今回の転職ではワークライフバランスを保ちたい

【残業月30時間以内】、【完全週休2日制】、【年間休日120日以上】で検索!

プクコ

マイナビでは企業掲載する時に厳しく審査し、広告に差異がないようにしているよ!安心して検索できるの!

語学を生かしながらOR学びながら仕事したい!

【英語を使う仕事】、【中国語を使う仕事】、【その他の言語を使う仕事】で検索!

プクコ

マイナビ内のフリーワード検索で人気なのが語学検索!ここから簡単に出来るのね!

プクオ

結構色々な項目で検索できるんだねー。仕事を探す人の要望がぎゅっと詰まっているね

スカウト活用術

リクナビとの違いは圧倒的にここ。企業から配信されているスカウトの受信数が圧倒的に異なる!

マイナビは企業が個別に配信できるスカウトメールが標準装備されている事が殆ど。対してリクナビは有料になる為、利用企業は非常に少ない。

リクナビはDM数も少ないので、人によっては人材紹介会社からの案内しか届かない…。なんていう人もちらほら。

その為、マイナビから届くスカウトメールは非常に得点満載!

書類選考なし、面接交通アリ、…。

マイナビでは月間600万通も流通しています!

などの、スカウトを受け取る機会も圧倒的に多いのです。

これは活用の価値あり!

プクオ

レジュメをしっかりと書き込めば書き込む程、企業から届くメールは増えるよ!

▼こちらも参考に

【転職サイト】企業からオファー(スカウトメール)が殺到するには?転職サイトを使うメリット・デメリット(注意点)

各企業のセミナー情報が検索可能

なんで新卒は企業説明会があるのに、中途はいきなり面接なんだよー!

企業理解はHPオンリーでいきなり面接。「弊社の志望動機は?」なんて、具体的に答えられないよー。

という方は多いのではないでしょうか。

そんな方の為に、TOPページのサイドバーにあたる部分に【求人情報から探す】欄の中に【セミナー情報】より、企業別のセミナー情報が確認できます!

こんな感じで、各社ごとに開催されているセミナーを確認できます。

ただ、利用企業がまだ少ないのでちょっとそこが懸念点です…。

残業時間が少ない企業は必ず広告に書いてある

求人広告の書き手は、各社からリピート(また、採用ニーズがあった際に自社を選んでもらう為に)をとる為には何が大切か。

一番大切にしている事は求人広告で応募が来ること。そして、採用が出来ること。

そうすると、またリピートが取れ売上に結びつく。因みに、新規のお客さんよりリピートのお客さんの方が契約はよっぽど楽にとれる。

その為、とにかく応募をかき集める事が大切なのだ。

では、どういう求人広告なら応募を集める事が出来るか。これも各転職サイトにより微妙に異なるのだが、マイナビなら下記のような内容が記載されている企業が応募が集まりやすい。

プクオ

・業界、職種未経験者歓迎
・研修制度
・定着率、離職率
・土日休み
・残業時間(30時間未満)
・給与(25~30万)
・大手系(上場企業または関連会社)

などが、明確に記載してある企業がベストだよ!

記事作成の際に人事の人にライターが必ず上記の事を聞いていて、原稿に書けそうな内容なら必ず記載しています。

逆に記載していない企業は、「研修は主にOJT」「残業時間が多い」「定着率(低い)、離職率(高い)」などが考えられます。

求人を探している人はポジティブ情報のみならず、ネガティブ情報も知りたいけど転職サイトには絶対に記載しません。

上記が記載されていない企業は、Vorkers転職会議などの各社の口コミが掲載されているサイトで調べてみましょう。(あまりにひどい書き込みは削除されていたり、また企業から削除依頼も出せるので記載されている事が全てではない)

履歴書・職務経歴書添削サービス

これは凄く使えるサービス!履歴書・職務経歴書の添削を無料でしかも、Web上で行ってくれる!

これで、わざわざ人材紹介会社に行かなくても済むのだ!

Web履歴書を書いたら、サービスに申し込むと専任のアドバイザーがかなーり細かく各項目事にアドバイスをくれる。

▼一例

転職フェアが活発に開催されている

マイナビ転職は他企業と比較してもフェアを首都圏のみならず、全国各地で開催しているのが特徴!(他は東京、大阪、名古屋、福岡位)

マイナビは北海道、新潟、仙台、千葉、埼玉、岐阜、京都、神戸、静岡、広島、岡山、北九州、鹿児島…年間での開催は1・2回程ですが本当に全国隅々まで開催されています。

人事に直接会え、企業の雰囲気を知れる機会なので近くで開催されていたら是非足を運んでみましょう。

▼開催予定のフェアはこちらから確認できます
【全国】転職フェア日程

オンライン学習サービス「schoo(スク―)」が無料で利用できる

マイナビ会員登録した、Webデザイナー、Webプログラマー、Webマーケッター向けにオンライン学習サービスschooが無料で利用可能!

私は有料会員でしたが、通勤中もスマートフォンで気軽に見れるので受講が楽でした。

通常月間980円~利用できるので、超お得!マイナビ内でもこちらのページから登録した人のみ限定なので注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です