【転職編】嫌いになった企業ランキング 集計結果発表

嫌いになった企業

こんにちわ。

転職事情のリアルを届けるをコンセプトに発信している、元人材業界のプクコです。

少々アンチなタイトルである為、当初作成を躊躇しましたが、以前にくらのすけさんがまとめていらっしゃった、就活を経て嫌いになった企業ランキング アンケートの反響が非常に大きいようでしたので、ひょっとしたら中途でも需要があるのでは?と思い、作成に踏み切りました。

転職活動で腑に落ちなかった事、憎悪、涙、悔恨、嫌悪、憤怒、怨念…などをご回答者の方には吐き出して頂いております。

ご回答者の皆様、ご協力頂きまして有難うございました。

アンケート実施者

※回答者:25名

※嫌いになった企業数:45社

※回答期間は2018.8.8~8.22
※twitterにてアンケート実施告知

年齢

性別

・20~24歳…16%(4名)
・25~29歳…52%(13名)
・30~34歳…20%(5名)
・35~39歳…12%(3名)

twitterの特性からか、回答者の全てが20.30代という結果に。

各企業のド・ターゲット層!

性別

性別

・男性…40%(10名)
・女性…60%(15名)

私のフォロワーの7割が男性なので、男性ばかりになるんじゃないかと思っていましたが、少し女性が多いですが綺麗に分かれました~!

転職活動のストレス

転職活動時のストレス

・非常にストレスが溜まる…56%(14名)
・ややストレスが溜まる…36%(9名)
・あまりストレスは溜まらない…4%(1名)
・ほとんどストレスは溜まらない…4%(1名)

なんと、9割もの方が転職活動に何かしらのストレスを感じている結果に!

また、驚くべきことに下記は、以前くらのすけさんが新卒者に向けてとったアンケート結果ですが、

なんと!

ほぼ同じ円グラフが出来上がっていました!!

就活ストレス

※第1回 嫌いになった企業ランキング 集計結果発表【その①】より抜粋

転職活動に割く時間、スケジュール調整、履歴書・職務経歴書の作成、お祈りメール攻撃、転職活動にかかる費用(上京組だと特に)、退職交渉…などなど、見えない未来を掴むために前進するためには、心身ともにパワーを使います。

嫌いになった企業一覧

はい!

では、いよいよ発表です!

就活の結果では、

1位:リクルート
2位:日本生命
3位:マイナビ
4位:オープンハウス
5位:三井住友銀行

となっていますが、中途ではいかに!?

原文そのまま、頂いた順でのっけてます。

企業名 理由
MEJ 内定後、入社日の4日前にメールで内定取消を通告されたため
Branding Engineer 面接中、その場で他の企業に辞退の連絡をしろと迫られた
アイスタイル 採用担当の態度が悪い
グリー 六本木ヒルズにアルバイトすし詰めにしすぎてめ夢がない
ヤフー 役員が偉そう
渡辺製作所 結果連絡をするといわれたが、一向に来ない。面接も褒めて褒めて褒めまくって返すだけ、落とす前提ならさっさと終わらせてほしいし、サイレントならそう伝えてほしい
パナソニックコンシューマーマーケティング 上司
アパマンネットワーク パワハラ、福利厚生の悪さ、求人内容と現場状況に乖離がある。
エイベックス 社員の態度が上から目線でイラッとした
メグラス 面談担当者の知識ひけらかしがひどかった。「これ知らないんですか?常識ですよ~」
フェローシップ 体育会系で、人が入ってもすぐ辞める会社だった。それに対して異論を唱えたが何も変わらず
ANA 正確に言うと、会社でなく、職種です。 私がやってた地上職が労働の割に薄給で、使い捨てのようにしか感じたなかった
コロプラ 平日面接に呼んでおいて、何の説明もなく20分程受付で待たされ、面接が始まったら「何で来たの?」と言われた
マイナビ ものすごく否定された、私たちはこんなに大変な仕事やってるの!それはあなたに出来ないと思う!と言われた
トヨタ自動車 圧迫面接
伊藤忠テクノソリューションズ 趣味を馬鹿にされた
テクバン 転職早々未経験で1人で現場に参画させられ、罵倒で潰されわずか半年で退職
一休 夜エントリーして書類送って、次の日の朝にお見送りの連絡が来た。 確実にノールックですよね?年齢で落としてますよね?ってイラっとした。 私は、人事なのですが、よっぽどのことがない限り、ノールックお見送りでも1日は連絡しないことにしてます。
鴻池運輸株式会社サントリー利根川営業所 ●ビール工場のラインオペレーター
給料に対して賃金が安すぎる。 やらなければいけないことだらけ。 サントリーの下請けの為、面倒な作業を回されている感。上の人間も文句を言えない模様。末端の人間にシワ寄せがくるのは言うまでもない。 月平均で50時間は残業していた。 休みが少ない。 GW、夏季休暇無し。年末年始も4日あれば良いほう。鴻池出勤日という月一くらいで土曜出勤がある。出て当たり前の日なので、手当は一切出ない。 勤めている人間がだめ。 挨拶しない、返さない人がいる。 度々、盗難事件が起きる。 趣味はスマホゲーム、ギャンブル、車いじりが多かった。
ヴィズリアラーニング ●ITエンジニア
忘れもしない、面接時。 履歴書、職務経歴書をろくに見ずに採用決定。社員を使い捨てする企業の特徴。webデザイナーを目指して入社したが、所詮未経験の身なので、関係ない、誰でも出来るような仕事を辞めるまでした。 営業がマージンむしり取り。 とりあえず、どこかの企業に入れてしまえばマージンが発生する。私を担当した営業マンは何十人と担当していたが、個々の強みや希望を把握していなかった。私の希望も聞いちゃいない。 社長が経営が何たるかを理解していない。本人の口からもその事を聞いたことがある。
メルカリ 殿様
LINE 給料低い
PwCコンサルティング 面接官が非常に偉そうでやる気のない態度
楽天 一次面接を通過し、課題図書2冊の感想文を提出、二次面接の前日の夜に採用が決まったため面接キャンセルの連絡が来た。
アバント 今どき最終が圧迫面接。事前に面接官ぐぐったらMBAとったらしき人だったけど、残業に耐えられるか等についての質問ばかりでがっかり。
日本電産 人事がめちゃくちゃ高圧的だった。まだ入社してないのに上から目線で入社一週間前に辞退した。
パソナ 発達障害であると素直に伝えたら面談さえ拒否された。
日本水泳振興会 選考の途中で現職の上司に転職活動をバラしたから。企業として論外。
globコーポレーション 正社員募集だったのだが日給5000円までしか出さないと言われた。「休みなく働けば月給15万にはなるから」と言われた。
Fast Fitness japane フィットネス業界の企業だが、担当になった面接官3人がどう見てもトレーニング経験がなく、話が噛み合わなかった。 危機管理の面でかなり危うい事をしていると思う。
大東建託 オファーがしつこすぎて余程人手不足なんだなと思いました。
Apple Japan オファーがしつこすぎて余程人手不足なんだなと思いました。
さかい引越しセンター 面接が圧迫であったため
メットライフ生命 選考結果を伝えるのを忘れられ、それを問い合わせた電話口でついでのように「ちなみに不採用です」と伝えられた。
FWD富士生命 好感触だった面接でうちが欲しい人材そのものだから結果を期待しておいてくれと言われ、落とされた。
AIG損害保険 この職種は希望に沿えないがこの職種なら是非、と紹介された職種で落とされた。
マイナビ 圧迫面接。面接官がチャラい。 「今日なにしにきたの??やる気あんの??」などと上から目線。
en 面接官が過剰に上から目線。こちらの考えについて全否定。 最終的に説教。
ジースタイラス 代表が典型的な意識高い系。 謎のルー語で話、考えが合わない点については説教。
スタッフサービス 面接官が高圧的
テクノモバイル 企業から是非面接に来て欲しい(こちらからは応募してない)と願い出され、業務内容に興味があったので行ったら圧迫面接された。 また、会社の事業説明をひたすら聞いたが、こちらの経歴などを提出しても面接官は一切見ることがなく、最終的には「さらに年収を下げてもいいですよね」などと値切られた。面接官は一度も目を合わせることはなかった。
アプリカ 腕のゴミを取りながら圧迫面接。面接官は元リクルートの人間でいかに自分がすごいかなどを自慢話をされた。「そんなんでいつから食べていけるんでしょうね笑」などと失笑された。
ボールドクリエイティブ 面接や内定後の流れをなぜか面接中の応募者に聞いてきた。以前所属していた会社の悪口を何度もニヤついた顔で言われた。
タワーレコード 正社員を募集していたにも関わらず、面接で契約社員の打診があった。そして面接官の女性が丈の短いワンピースにスリッパというラフすぎる格好だった。待機場所では多くの社員が目の前を通ったが、挨拶をしてくれたのは1人のみ。
B2RECORDS 某転職サイトで気になるを押しておいたらメッセージ付きで応募歓迎のお知らせが来たにも関わらず、いざ応募してみると何も連絡が来なかったため。

総数が少ないので、ランキング形式で発表出来ず…。

2票以上入っているのは企業はマイナビのみでした。

就職で、ぶっちりぎのリクルートは1件もエントリーされてなかったですね。(個人的には見比べて見たかったんですけどね)

 

また、多い回答を3点にまとめてみました。

面接官の態度・対応の悪さ

圧迫、上から目線、自慢話、説教、服装、チャライ、あきらかに面接官としての場数が少ない人が対応

個人的にはこんな人事がいる会社なんて、こちらから願い下げです。

これから一緒に働くかもしれない求職者、ひょっとしたら求職者の身内や友人、同僚も御社を受けるかもしれないのに?

採用基準のあいまいさ

面接で採用の期待値を上げておいての不合格、履歴書を殆ど見ずに合格・不合格判定

人事は企業の顔であるという一面を持っているかと思いますが、流石にプロフェッショナルな仕事としてはあまりに酷いかと思います。

日本バスケチームが買春でプロ意識がないぞ!って、叩かれてますが、それと同様なんじゃないですかね。

選考フローでの連絡の対応の悪さ

企業から応募歓迎の連絡が来ているにも関わらず問い合わせてみると音沙汰なし

面接後の合否連絡が来ない→問い合わせたら不合格

これは、転職サイトを利用したケースが多いのではないでしょうか?

スカウト実装側が企業ではなく、受注企業(販元や代理店)が請負って対応しているケースなんじゃないかなぁと。その場合、受注企業はスカウトを配信する事が企業間でかわされた約束になっていて、その約束を守り続けるものの、毎日膨大な数を送らなければならない為、やはりどこかで企業と求職者のミスマッチが生じてしまうというもの。

本来は企業人事が担当するのがベストではあるものの、そこに割く労力が皆無で起こってしまう、未だに多い負のスパイラル…。

これをやることによって応募数(人事や求人広告の営業担当が追う目標)が増えるのは確かなので、やめられない止まらない人材会社&人事の現状。

これをやる⇛企業が不誠実な対応⇛世の中から企業のファンが減る

みたいな構造って出来上がっているものの、過ぎ去った自分の小さな苦悩な過去に対して、デカデカと問題提起する人や場所も少ないのかも。

プクコ

不満をぶちまけてくれた皆さん、有難うございました!

後半の嫌いになった人材サービスは下記をご参照下さい。

http://jinzai.pecori.jp/domain/2018/09/01/kirai-2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です