【転職編】嫌いになった転職エージェント・転職サイト 集計結果発表

嫌いな転職エージェント

こんにちわ。

転職事情のリアルを届けるをコンセプトに発信している、元人材業界のプクコです。

少々アンチなタイトルである為、当初作成を躊躇しましたが、以前にくらのすけさんがまとめていらっしゃった、就活を経て嫌いになった企業ランキング アンケートの反響が非常に大きいようでしたので、ひょっとしたら中途でも需要があるのでは?と思い、作成に踏み切りました。

【転職編】嫌いになった企業ランキング 集計結果発表

今回は、その続編として嫌いになった転職エージェント・転職サイトの集計結果を発表します!

ご回答者の皆様、ご協力頂きまして有難うございました。

アンケート実施者

※回答者:25名

※嫌いになった企業数:45社

※回答期間は2018.8.8~8.22
※twitterにてアンケート実施告知

年齢

性別

・20~24歳…16%(4名)
・25~29歳…52%(13名)
・30~34歳…20%(5名)
・35~39歳…12%(3名)

twitterの特性からか、回答者の全てが20.30代という結果に。

各企業のド・ターゲット層!

性別

性別

・男性…40%(10名)
・女性…60%(15名)

私のフォロワーの7割が男性なので、男性ばかりになるんじゃないかと思っていましたが、少し女性が多いですが綺麗に分かれました~!

転職サービスの中で、転職者にとって有害であると感じたもの

アンケートは、複数回答OKでご選択頂きました。

また、理由が未記入の方もいらっしゃいましたので、そちらは票のみ反映させて頂いております。

はい、そして、結果がこちらです!!!!

どんー!!

1位はDODA(転職サイト)&リクナビNEXT(転職サイト)

2位はDODA(転職エージェント)&リクナビエージェント

3位はマイナビ転職(転職サイト)&DYM

となりました。

完全に2強が突っ走っていますね…汗

利用者が多いサービスだからこそ意見が集中してしまうのもあるかと思います。

転職サービス名 票数 理由
DODA(転職サイト) 8 ・こちらがリクエストしている業種でない企業ばかり勧めてくる
・適当すぎ
・全く自分の経歴などに合った職で紹介がこない
リクナビNEXT(転職サイト) 8 ・エージェントからテンプレスカウトメールがばかり送られてきて使う気が失せる
・適性や相手企業のニーズを確認している感じがなく、機械的に履歴書を流している感じがする。検索サイトと同じだと思っている
DODA(エージェント) 7 ・内定が出た時点ですぐに回答させられた
・こちらがリクエストしている業種でない企業ばかり勧めてくる
・適当すぎ
・話しを聞くだけ聞くが希望の職務内容がないのに応募を勧めてきて、もう一度見直せと100件近くの辞退した会社を見させられた。最終的には別のところで就職先が見つかったため活動停止の連絡をすると電話の嵐。仕方なくお礼を言うために出ると捨て台詞に「絶対、後悔しますよ!」と言われた。大手に勤める友人が登録したらたまたま同じ担当者で業務内容を笑われたとのこと。二度と使わない。
リクルートエージェント(エージェント) 7 ・適性や相手企業のニーズを確認している感じがなく、機械的に履歴書を流している感じがする。検索サイトと同じだと思っている
・希望とかは特に聞かず、毎日たくさんの求人を送ってきて、いっぱい応募して!!!
・エージェントとしての体をなしてない
・ミスマッチな求人の紹介。辞退した求人への無理やりな応募
マイナビ転職(転職サイト) 3
ワークポート(エージェント) 3 ・適性や相手企業のニーズを確認している感じがなく、機械的に履歴書を流している感じがする。検索サイトと同じだと思っている
・コンサルタントの質が悪い。知識や経験の浅い人が一人でついていた。
日程調整の日時を投げても一切連絡なし、こちらから連絡すると候補日では調整がつかなかったなどの言い訳をする。面接に行ったら求人票に書かれていた内容と違うなど
DYM就職(エージェント) 3 ・通知がうるさい 求人が投げやり
・エージェントとしての体をなしてない
ハタラクティブ(エージェント) 2 ・通知がうるさい 求人が投げやり
パソナキャリア(エージェント) 2 ・話が長い、たくさん紹介してくるけど全部微妙に興味がない
・多様性とかいいながら面談さえも拒否した綺麗事企業でしたよ
マイナビエージェント(エージェント) 1
typeの人材紹介(エージェント) 1 ・ミスマッチな求人の紹介。辞退した求人への無理やりな応募
女の転職@type(転職サイト) 1 ・通知がうるさい 求人が投げやり
第二新卒エージェントneo(エージェント) 1 ・ここは良い業界の人からも利用者からも良い話を聞かない
ビズリーチ(エージェント) 1 ・身内の体験談ですが、「オファーが来てるから有料登録してください」と言われて有料登録したら、「企業側からキャンセルされました」と言われたそうで、詐欺だと感じたと言っていました。
ウズキャリ(エージェント) 1 ・とりあえず話を聞かずにベンチャー!絶対ベンチャー!
ヒルストンキャリア(エージェント) 1 ・素手で便器を掃除しなければならない会社を紹介されたから
アソウヒューマニーセンター(エージェント) 1 ・合格基準は満たしているが、求めていない性別であると伝えられ、真偽を確かめたところエージェントが適当についた嘘だった。

利用者が多いマイナビ転職(転職サイト)、エン転職(転職サイト)の批評が少ないのは驚き。

転職サイトでも、転職エージェントから連絡が来る、エージェント提携型の転職サイトDODA、リクナビNEXTは利用者の求職者側からすると転職エージェントサービスと混合していて、上記のランキングになっているかもしれませんね。

転職エージェント利用時の注意点

不満の声を元に、転職エージェントに足を運ぶ前に参考にされると良いかもしれませんね。

利用時の注意点をまとめるとこんな感じでしょうか。

応募企業は、内定が出た後どれ程待ってくれるか?

最初のミスマッチは仕方ないが、要望したら求人を厳選してもるか?

経験が浅い人がついていて不安

即内定の判断を下さなければならない企業は【事前に伝えてもらう】省いてもらう】【理由を説明してもらう】【選考の順序を組み立てる(志望度が高い企業を並列に受けるようにする)】

厳選求人だけ送って貰うよう促す、ミスマッチが起こっている事を伝える(何故違うと感じたか)、求人紹介の制度を高めていく動きを自ら取る

業界内の具体的な質問を投げかけてみる、経験が浅くてどのような点が不安・不満かを伝える、最悪エージェントに担当を変更してもらう

転職エージェントを利用する場合は、担当者にしっかりとフィードバックや、事前に問題になりそうな事をリスクヘッジをした方が良いかもしれませんね。

とはいえ、リクルートエージェントDODAがエージェント業界内でもっとも採用決定数を産み出いるのは確かな事。

求人数という選択肢を増やす為に登録しておいても良いかなぁと思います。

(※因みに、抱えている求人数はリクルートエージェントが15万件、DODAが12万件、その他のエージェントは1~5万件程度です)

今後とも長期的に付き合える、キャリアカウンセラーの方と出会えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です