《エンジニア転職まとめ》転職エージェントや、おすすめ求人サイト徹底比較

こんにちわ、皆様の転職を天職にしたい!元大手人材会社出身者のプクコです。

今や引く手あまたのエンジニア。初めての転職でどのように転職活動を行うのがベストなのか分からないという方の為に、エンジニアの転職方法についてまとめました。

まず、エンジニアの主に転職手法は下記の5点が主軸です。

プクコ

  • 求人サイト(エンジニア専門のサイトも多数あり)
  • 人材紹介(エンジニア専門の人材紹介も多数あり)
  • 転職フェア
  • ハローワーク
  • 自分で気になる企業を直接調べてHPより問い合わせる

それぞれ、順を追ってご説明させて頂きます!

おすすめ求人サイト(エンジニア専門のサイトも多数あり)

自分の空き時間を見つけて「勤務地」「給与」「福利厚生」「園の雰囲気」等を数ある中からじっくりと選択する事が可能です。ただ、エンジニアは求人が豊富過ぎて途中で疲弊してしまうかもしれません…^^;

ただ、その後もエンジニアで登録しておくと、貴方の経歴書を読んで企業がスカウトメールを送ってきてくれるので、待っているだけでもオファーが届きます。数が多すぎて受信拒否にしている人もいるほどです…。

メジャー転職サイト

リクナビネクストマイナビ転職DODAエン転職のようにメジャーな媒体は未経験歓迎案件から、経験者案件まで幅広く掲載されています。IT業界にチャレンジしてみたい業界未経験者の方にもオススメです。ハイスペック案件は少ないので大手系・ベンチャー系を狙っている経験者は別手法の方が望ましい。関東以外でも掲載件数が多いが大手派遣系が多数を占める。

人材業界プクコのひと口メモ

リクナビネクスト…経験者と未経験者まんべんなく掲載。大手企業は派遣が殆ど。中小が多い。
マイナビ転職…未経験求人が殆ど。中小が多い。
DODA…経験者と未経験者まんべんなく掲載。超大手やベンチャー企業も掲載されているが、DODAの人材紹介案件なのでDODAを利用してエージェントへの登録が必要。
エン転職…マイナビと同じく未経験者求人が殆ど。中小が多い。

専門大型媒体

@typeGreen(グリーン)はIT業界出身者向けの転職サイト。かなりハイスペックな案件も掲載されており、年収高めな案件もチラホラ。大手企業(エヌ・ティ・ティ、マイクロソフト、アマゾン、ヤフー、アクセンチュア、SAGA、サイバーエージェント…等)、ベンチャー企業と様々な企業が掲載されている。

人材業界プクコのひと口メモ

@type…過去には「エンジニアなら@type」とCMを行っていたほど、エンジニア食が色濃いサイト。大手系の掲載企業は@typeの人材紹介案件なので@typeを利用してエージェントへの登録が必要。自分の経歴を記載しておくと、ハイスペック人材はスカウトメールが山のように届く。関東・関西圏に強い。
GreenIT業界の有名&人気どころが一番掲載されているのは実はGreen。理由はGreenのビジネスモデルにあって、企業は掲載料金が無料なのだ!採用が決まったら費用が発生するというもの。その為、企業からすると気軽に掲載が出来る。ハイスペックな企業群の為、採用ハードルは非常に高い。

はやりのSNS!wantedly(ウォンテッドリー)

最近多く出てきた、SNS系の転職サイトで最も有名なのはwantedly(ウォンテッドリー)。facebookなどのSNSサイトと連携して利用するが今までに無い転職サイトの特徴。たまにfacebookを利用していると、友人から「●●企業への応援(シェア)をお願いします」なんていう案内が来たりしいます。なので、facebookなどで見かけるwantedly求人は知り合いの知り合いなので、応募者からすると共感を得やすく信頼材料になるという事です。
各企業の社長や従業員の方もfacebookと連携しているので、求人票から従業員のfacebookものぞけ人柄を知る事が出来るのも特徴的。掲載企業は成長中のベンチャー企業の掲載が非常に多い。新たなサービスを生み出したり、若手組織をまとめる為イチから作り上げてみたり…、これまでの経験を活かしてチャレンジしたい方にはオススメ。

エンジニアなれでは!変わり種サイト

paiza(パイザ)

コードを書いて書類選考無しで面接可能な企業が分かりますプログラミングスキルチェックは匿名で受けることが出来き「自分のスキルが他社で通用するのか」が判ります。掲載企業は中小ベンチャー企業が多い。

転職DRAFT(ドラフト)

その名の通り、ドラフトです。野球の入札制度のような面白い仕組み。これまでのプロジェクト経験やスキルを見て、企業が求職者に指名を入れます。通常、最終面接後に提示されることの多いリアルな年収が、最初に提示してくれます。その提示された内容を元に、選考に進むかを決めることが出来ます。

おすすめ転職エージェント(経験者向け)

メイテックネクスト

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト

電話面談可能土日面談可能未経験OK40歳以上OK
おすすめ度:★★★★★
エンジニア案件国内最大級のメイテックネクスト。「リクナビNEXT転職エージェントランキング2016年秋」では、400社を超えるエージェントの中で総合満足度ランキングNO.1。設立依頼「エンジニア支持No.1」を目指し、アドバイザーも半数がエンジニア出身、他にもメーカー人事出身者など、業界を知り尽くしたアドバイザーが細かくフォローしてくれます。機械系・電気系・化学系が強く、未経験者歓迎求人も多く取り扱っています。また、土日祝日も対応しており、最大22時まで対応してくれるので登録のしやすさも抜群です。案件は関東・中部・関西に集中しています。こちらから登録できます。

【公式HP】メイテックネクスト 

WORKPORT(ワークポート)


電話面談可能土面談可能未経験OK40歳以上OK

おすすめ度:★★★★★
立ち上げから10年以上、IT専門で紹介を行っていましたが、2014年に総合型へと幅を広げたWORKPORT。その基盤があるからこそ、IT・Web業界では圧倒的な知名度を誇る。「リクナビNEXT転職エージェントランキング2016年秋」では、400社を超えるエージェントの中で「転職決定人数NO1」の実績を誇っています。エンジニア不足と言われる昨今、IT・Web業界の採用時に人事部がメインに利用しているエージェントのひとつ。案件は東北・関東・中部・関西・九州に集中しています。こちらから登録できます。

▼詳細記事
【本音大集結!】WORKPORT(ワークポート)利用者33名の口コミ情報・強み+業界人がエージェントを読み解く

【公式HP】WORKPORT 

パソナキャリア

パソナキャリア

電話面談可能土面談可能未経験OK 40歳以上OK

すすめ度:★★★★☆
「リクナビNEXT転職エージェントランキング2016年秋」では、400社近くあるエージェントの中で転職決定人数ランキングNO.2、総合満足度ランキングNO.3の実績を誇るパソナキャリア。得意業界はIT・通信・インターネット・メーカー(機械・電気・電子)と幅広く、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、キャリアプランを実現する求人を紹介してくれます。支店を全都道府県に設けており、案件は全国区ですこちらから登録できます。

【公式HP】パソナキャリア 

マイナビエージェント



電話面談可能土面談可能未経験OK夜20時半
おすすめ度:
★★★☆☆
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビエージェント。全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、案件数は多くないものの独占案件も多く保有しています。得意業界は情報処理サービス、ソフトウェア、ハードウェア、ポータル・検索、eコマース、SNS、インターネット広告、ゲーム…等、様々な業界が紹介可能です。案件は関東・関西に集中しています。こちらから登録できます。

【公式HP】マイナビエージェント

TechClipsエージェント



電話面談可能土面談可能ハイクラス
おすすめ度:
★★★★☆
高年収&高待遇に特化したハイクラス向けのTechClipsエージェント保有案件の約80%が年収500万越え。また、VR、AI(人工知能)、機械学習、データサイエンティストなどの最先端分野の案件も多く抱えている。下請け案件も殆ど取り扱っていないのも特徴的。嬉しい転職決定時のお祝い金(最大20万円)もあり。案件は関東に集中しています。こちらから登録できます。

【公式HP】TechClipsエージェント

社内SE転職ナビ


電話面談可能土面談可能40歳以上OK全国

すすめ度:★★★★☆

社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの為の人材紹介会社。その名の通り、客先常駐の案件は一切なし。エンジニア専門、かつアドバイザーに人数のノルマがないため、 一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍! その為、希望に合わない求人の紹介や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートを行わないのが特徴。案件は関東メインです。こちらから登録できます。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

ソフトウェアジョブズ



電話面談可能土面談可能50歳以上OK来社特典
すすめ度:★★★★☆

テストエンジニア派遣を専門に行っているソフトウェアジョブズ。月収55万以上、残業無し、年齢層は20~50代と幅広い層が登録しています。キャリアップを目指している方、子育て復帰したい方等、様々な方に合わせた案件があります。案件は関東・中部・関西・中国・四国に集中しています。今なら登録面談の方に3,000円QUOカードプレゼント特典があります。こちらから登録できます。

【公式HP】ソフトウェアジョブズ

ギークスジョブ



電話面談可能土面談可能40歳以上OK
すすめ度:★★★★☆
業界実績15年、取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名のギークスジョブ紹介できる案件は業界最大級。また、東京、大阪、福岡等で、フリーランス向けのセミナーも積極的に開催しているので初めてのフリーランス転向の方でも安心です。 2017年よりフリーランス協会賛助会員となっている。案件は関東・中部・関西・九州に集中しています。こちらから登録できます。

フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

エンジニアガイド

エンジニアガイド

電話面談可能土面談可能40歳以上OK全国

すすめ度:★★★★☆

スタッフサービスが運営するエンジニアガイド。エンジニア職以外にもWebデザイナーなどの職種もあり。エントリーから最短2日で働ける為、スピード転職したい方にはもってこいのサービス。

【公式HP】エンジニアガイド

転職エージェント(30代でも大丈夫!未経験者向け、エンジニアスクール無料受講)

ポテパンキャンプ


全額返金保証東京
すすめ度:★★★★☆
転職特化型スクールのポテパンキャンプ。毎月100名以上の申込みがある中、卒業生のほぼ全員が転職市場で価値が急上昇しているRailsエンジニアへの転職に成功。現エンジニアだけどRubyにスキルチェンジしたい方や、未経験者は20代まで申込み可能です。また、ポテパンで仕事が決まれば実質無料でスクールが受講できます。案件は関東に集中しています。こちらから登録できます。

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

TECH::EXPERT


全額返金保証30歳以上OK東京・大阪
すすめ度:★★★★☆
未経験から97%の受講生が転職に成功したTECH::EXPERT。エンジニア研修×転職サポートが一緒になったサービス。月々19,000円から受講が出来、転職できなければ全額返金してもらえます。転職先は勢いのあるベンチャー企業が多く、ニューズピックス、チームラボ、GMOクラウド、リブセンス、日本交通、ランサーズなどに就職しています。案件は関東・関西に集中しています。こちらから登録できます。

未経験から最短でエンジニア転職を目指す 

転職フェア

その名の通り、多くの企業がブースを出展して直接企業人事と話せます。求人紙面上では読み解けない新たな企業の魅力を見つけることが出来るかもしれません。転職フェアは全国で開催されており、大規模なものは週末に行っているケースが多いので是非一度参加してみましょう。

参加メリット

  • 企業人事のみではなく、社長、役員、現場社員も来ているブース有り。企業の雰囲気が掴みやすい
  • 自分が知らなかった企業に出会うことが出来る。気軽に話を聞けるので応募の間口が広がるかもしれません
  • 当日に一次面接の設定をしてくれる会社も多数あり。企業説明後に納得した上で応募出来ます
  • 実践に使える転職セミナーを開催。また、著名人等の講演も!
  • 業界を熟知したキャリアカウンセラーに相談ができる
  • プロカメラマンによる無料履歴書写真会や、来場者にQUOカードプレゼントなどの特典も
  • カフェスペースにて転職希望者の方と情報交換出来る機会も!

▼実際の開催予定の転職フェアは下記よりご確認下さい!結構各地で行われています。中でも、@typeの転職フェアはエンジニア限定なのでエンジニアコンテンツも盛り沢山です。

ハローワーク

ハローワークは8,000件近くの求人を取り扱っており、情報量としては非常に大きなプラットホームです。何故、それだけ多くの求人が集まるかというと、【無審査掲載】【無料掲載】だからです。
求人広告に掲載しようとすると、反社チェックがあり企業規模、売上、設立年度、従業員数、事業内容、過去に営業停止等の処分を行政から受けていないか等、細かくチェックされ、この企業はリクルート、マイナビ…等の出向元と取引可能な企業なのか審査されます。加えて掲載料金は20~100万近く必要です。
その為、中には求人広告に掲載出来ずにハローワークのみに掲載している企業は、応募前に自分でチェックする必要がありますので必ず注意しましょう。
他にメリットとして、ハローワークに訪れるのは年齢層が高めの層が多いです。(これは、ハローワークに行ってみると分かります!40代前後の方が多いです)若い層は、新卒時代からの名残が強くリクナビ、マイナビで就職活動をしたように、ネットで転職サイトを検索して、自分で応募して職につくという流れが染み付いているからです。逆に、年齢の方は転職サイトではなかなか書類が通らず、ハローワークも併用して活用する事が多いのです。その為、採用を行う企業側も理解しているので、あえて年齢層が高くでもOKな求人を掲載している事もあります。
ハローワークはその他にも、「若者の就職支援」「子育て女性等就職支援」「高齢者の就業支援」等、様々な支援を行っているので失業手当の登録も含め必ず行っておいて損はないかと思います。

自分で気になる企業を直接調べてHPより問い合わせる

既に自分で行きたい企業がある人はこれが最もベストな方法かと思います。企業人事の方から話を伺うと、HP経由での応募が一番意欲が高く、企業理解も深く、その為選考通過率が最も高い実績がある。などと過去の経験から良い印象が強いです。更に、求人広告等に出している企業であれば、掲載費用が掛かっていないので企業側としたら喜んで面接に進めてくれる可能性が高いです。

今後のエンジニア転職市場

エンジニア採用は2009年のリーマンショック後の2、3年(2011年位まで)と、2012年から現在までで大きく変化しました。リーマンショック後は求人広告に掲載すれば一ヶ月で50名近く経験者が応募してくるのが普通でしたが、現在は一ヶ月掲載しても10名前後しか集まらないのが現状です。
その為、ここ数年企業は【新卒採用にシフト】、【中途採用の年齢層を引き上げ】、【働き方の多様性を認める(在宅)】、【外国人採用】、【選考フローの見直し(面接数を削減)】等、採用要件の再考を幾度となく繰り返して来ました。
人材業界は世の中の売上と業績が非常に直結する業界なので(人材業界の売上は有効求人倍率と共にある…)、2020年のオリンピックイヤーまではおそらくこの、エンジニア売りて市場は継続する可能性が高いので、転職を検討している人は非常によいタイミングだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です